ウォーターサーバーの手入れ方法

ウォーターサーバーを衛生的に使用するためには、定期的なお手入れが必要です。お手入れの方法や期間については各メーカーによって異なりますが、ボトルの差込口や注水口は日常的に、内部は年に1回は清掃することが推奨されています。

とくに注意が必要なのが、注水口です。各メーカーの説明書にも「注水口が汚れたら、除菌アルコールのタオルなどを使用してよく拭いてください」などと記載されています。雑菌はほんのわずかな水分でも増殖するため、一番無防備な注水口から雑菌が発生して内部へ侵入してしまった場合、タンクの全体へと雑菌が広がってしまいます。雑菌の繁殖を抑えた水道水などは何かしらの化学物質が入っています。ウォーターサーバーの水はおいしさを追求して水道水のような化学物質による処理を行っていない分、注水口から雑菌が発生しないように、清潔に保つように心がけることで安全な水を必要な時に、必要な温度で飲めるようになります。

次にメンテナンスが必要なのが、ボトルの差込口とサーバーの中です。ボトルを上部に取り付けるタイプであれば、多少なりともその結合部分にほこりがたまります。そのほこりがボトルの水をウォーターサーバー本体へ送り出す際に一緒に流れ込んでしまうので、タンクを入れ替える際は、結合部分を覗き込んでみて汚れていたらキレイな除菌アルコールのタオルなどで拭くようにしましょう。ウォーターサーバーの中は、各メーカーによってメンテナンス方法が変わりますが、最近は「自動クリーン機能」がついたものもあり、一日一回自動でサーバーの内部をクリーニングしてくれます。美味しさはそのままで無菌状態を保ってくれますのでいつも安心して飲むことができます。そのような機能のあるメーカーのものを選ぶと手間がかからず、おすすめです。

直接水が接触する部分以外にも、ウォーターサーバー製品本体の背面にある換気装置についても簡単にほこりを取り除くなどのメンテナンスが必要です。換気が悪いと放熱が正しく動作しなくなる可能性がありますので定期的にチェックしましょう。